第106回「太陽の恵み」2008年9月20日〜21日
第106回「太陽の恵み」
〜ソーラーエネルギーは地球を救う〜
2008年9月20日〜21日
JA東京あおば関町の皆さんの視察 
今回のワークショップの前日に、吉祥寺ミレニアムシティの地主さんが、地元のJAの方々を連れて、くりもとミレニアムシティとくりもと地球村に視察においでくださいました。
まずは地球村の有機農場を見学。循環農法をはじめて見て、驚いている様子でした。

JA東京あおば関町の皆さんの視察 
次にくりもとミレニアムシティで、農場サロンとして、有機農場とエコビレッジが連携している様子を見ていただきました。

ソーラーエネルギー 
さて、今回のワークショップの講師は白井伊征子さん。
太陽熱の活かし方や、いろいろなソーラークッカーについて教えていただきました。

パラボラ型ソーラークッカー 
大きなパラボナ型ソーラークッカーは傘の原理で折りたたみできます。
中心部に手を入れると熱を感じます。

パラボラ型ソーラークッカー 
こちらは固定用のもの。一番効率が良さそうです。

P1 P2 P3 P4 P5